カテゴリー「訊きたくても訊けない! 普通じゃ学べないあんなことこんなこと」の記事

ロリコンショタコンを勘違いしてる人がいるから困る

*何か検索でこの記事見られる事が多いので補足を付けたしました。記事の最後に記載しております

*てかこの記事の閲覧件数やばくない? いろんな意見持ってる人がいるから一概には言えないけど、私の言う事は間違ってないよ(2013/09/22追記)

〇 ロリショタ好き=小さい子好き

× ロリショタ好き=子供好き

ロリコンとかショタコンて聞くとつい小さい子=子供で連想してしまいがち。実はこれは先入観などが生んだとんでもない間違いで、ロリコンショタコンは、対象の年齢なんかは関係ないのですよ。勿論、性的な意味でも同じ

要は、その容姿がいいわけ。だから別に、どう見ても中学生って容姿で成人してても、別に良いわけです

問題は子供かどうかじゃない。容姿が「子供っぽい」かどうか。極端な話、ロリコンショタコンでも子供嫌いな人はいる

子供は、ぽいも何も無く子供ですから、確かにこう思われても仕方ない部分はあると思います。でも、その勘違いを盾に意見を振りかざすのは愚かの極み

ほら、こういう視点から見ても、AVGなどで登場人物は全員18↑と断ってる理由が見えてくる

出てくるキャラがどんなに幼くても、それは年齢には関係ない。容姿の問題だから

それに何度も言うように、リアルでだって、どう見ても成人してそうにない容姿の人は沢山いる。でも、その人たちは確かに成人してるんです。私は大学時代に学生証叩きつけたくらいで済ませてあげたけど、本当に告訴沙汰にしようとした人だっているはず

だからね、何事も、思い込みや先入観で物事やっちゃダメなのよ

話逸れました

まぁ、ロリショタ趣味の私ですが。私も同じですね

子供っぽい容姿が好きなだけで、子供が好きなわけではない

というか、子供が好きかどうかはまた別問題。誰でもかもだけど、自分に子ができれば好きになるものなのでしょうが

ただ、勿論、子供が好きな意味でロリコンショタコンやってる人もいるでしょう。それは人それぞれだからしょうがない。でも、ここ混合されると困る

まぁ、よくリアルに繋げたがる人がいるけど、リアルなんかどうでもいいというか全く眼中にないわけですし。二次元なら何でもアリだと思ってますけどね、反面。リアル? キモいのよ絶対無理あり得ない(三次元が嫌いなわけじゃなくて、二次元と三次元を混同するのが無理=三次元で萌えはあり得ないというだけ)

そういうわけなので、皆さんも是非こういう違いには気を付けてくださいね。まぁ全然知らないジャンルの話だとなかなか分別が難しいかもしれませんが、口出ししたりするのであれば対象に関して勉強してからっていうのは当たり前だよね

まぁ微妙に出てきた私の御託はどうでもいいとして

ロリコンショタコンと子供好きには、必要十分条件は成り立ちません(たまに成り立つ人もいますが、ここの分別はしてほしいですね)。本能的な意味でも、嗜好的な意味でも、性的な意味でも

あと、二次元と三次元では話が違いすぎるので注意。誰も三次元の話なんかしてない。ていうか、三次元との混同カエレウセロキモイシネ

全豹一斑ほど恐ろしい物はありませんよ

それでは

*補足

ロリコンの語源を辿るとどうしても年齢の事を意識してしまいます。年齢差の事であったり相手が子供であったり。私の記事を見て「はこいつ何言ってんだ」と思った方もおられるのでは? そういう方は力を抜くといいです

言葉というものは日々進化退化し変わっていくものです。国語辞典や広辞苑が毎回更新されるわけです。それは単に語句の追加のみではないです。時代の流れで言葉の意味が僅かに変化してきたり、時にほとんど語源の意味から変わってしまう言葉などが出てくるからです

いま、ロリコンやショタコンをさすとき、果たして年齢差の事を言うでしょうか? 子供の事を言うでしょうか? カタギの方はリアルしか知らないでしょうから、そういう印象を受けてもこれは仕方ないでしょう。でも二次元を知る物の多くは、その認識ではない事の方が圧倒的に多いです

一番いい例が、私も大好きAVG、いわゆるエロゲですね。エロゲに出てくる男の子女の子は、正確には、えっちな事になる(えっちな絵や描写が使われる)男の子女の子は全て18歳以上です。そう見えるかどうかは関係なく、設定上確実に18歳以上です。ではここに、容姿がかなり幼いメインヒロインがいたとしましょう。メインヒロインですから当然濡れ場はあります。仕方ない事(とあんまり言いたくないけど)ですが、容姿が幼いのでその子が好きだと言うと、ロリコンだろうと思われます。ところが、私の記事内容に疑問を持つ方の意見を尊重してしまうと、これはロリコンではなくなります。だって、18歳以上ですからね、子供じゃないですよ。どこまでも弁護して差し上げるなら、主人公がきっとかなり年取ってるのでしょうね。でもごめんなさい、そういうゲームの方が少ないです。更に条件を限定すると、主人公と年齢が同じなら? 少し年上なくらいだったとしたら? それでも私の記事に疑問を持たれる方からすれば、それはロリコンではないのです。ある意味支持したいですけどね、容姿は関係ないって言ってくれてるのですからw

何が言いたいかというと

結局、さっきの例に出したような女の子を好きな主人公に対してもロリコンって言いたいでしょ? 要はそういうこと。言葉は日々変化していき、その多くはより広義的な意味を持っていきます。勿論、だからといって元の意味がなかった事にはなりません。でも、時代が変われば以前の意味では通らない事が増えてきています。だから私は敢えて「年齢差や年齢でロリコンショタコンというのは間違いだ」と書いているのです。今となっては、ロリコンショタコンの意味に年齢差が関係するかとか相手が子供でないといけないかとか、むしろどうでもいいですね。ただ、私はその認識のしかたを納得して受け入れていると言うわけじゃないのはここに書いておきます。私も、しばしば実年齢よりも相当子供に見られてイラッとしたくちですから(でもこれも、そのうち嬉しくなっちゃうんだろうなと思うと切ない……)

ただ私は、二次元に限り、容姿の幼い男の子女の子は好きですから、ロリコンショタコンなのです。別にそう言われる事に問題はないです。まぁそれに、仮に私の記事に疑問を持つ人がその意見を押し通すのならば、私はロリコンでもショタコンでもなくなるわけですしね? 私の記事に反発する人ってロリコンショタコンの人を嫌ってる人が多そうだけど、ご自身の意見を押し通すと肝心の批判ができなくなってしまうというジレンマを頑張って耐えてくださいね?

何度も言うけど

三次元(リアル)はあり得ないと思う。キモいです(二次も同じだとか言いたい人は別の記事をご参照くださいね、ここに書くの面倒だから)

追記の追記

どうしても年齢にこだわって定義したがる人がいますね。いえ、もともとの意味はそうなのでしょう。今度は逆方向から攻めてあげますね

ちなみに私、年齢的な定義を否定しているわけではなく、今となっては最早そんな定義のみにとどまっていないということが言いたいのですよ

先の例にあったように、「容姿はどう見ても中学生くらいだけど年齢的には18歳を超えている」人の場合。加えて、「その子を好きな人が三十歳くらいの場合」。この条件下で考えてみるとわかりやすいですよん

考察その1:まずこの状況、ロリコンショタコンと言うのかどうか

私の回答:言う

年齢的見解:子供と呼ぶ年齢層を対象としている場合、言わない。歳の差論の場合、言う

考察その2:その子を好きな人が同年齢である場合

私の回答:言う

年齢的見解:子供と呼ぶ年齢層を対象としている場合、言わない。歳の差論の場合、言わない

考察その3:対象となるロリショタの年齢が14歳とかの場合

私の回答:言う

年齢的見解:子供と呼ぶ年齢層を対象としている場合、言う。歳の差論の場合、言う(ただし同年齢なら言わない)

この先が重要

考察その4:んじゃあ例関係なしに、ちっちゃい女の子男の子が好きだーって言ってる人見るとロリコンショタコンだと思う?

私の回答:思う

おまえら:思う!!!!!

これが現実。そのちっちゃい子の年齢は? 好きだと言ってる人の年齢は? 確認したの? いつ? で、ちっちゃい子が同い年とかだったりしたら前言撤回するの? どうなの?

容姿で決めつけてしまう、というのは私は嫌いです。ただ、ロリショタに関しては、その容姿に依存するところが「もはや」大きいから、どうしてもこうなっちゃうんですよ。年齢ガー歳の差ガーって、それは確かに間違ってはいないけど、今ではもはやその意味をとうに超えて、さらに広義的な意味になってるのですよね

二回書くけど、私は容姿で決めつけっていうのは嫌いですよ。上記通り、私はどの回答をしても「言う、思う」になってますから、容姿のみで決めつけてるわけではないのです

でもこうなるともはや元の定義(かどうかはわからないけどそういうことにしてあげる)にはとどまらず

〇 ロリショタ好き=小さい子好き

× ロリショタ好き=子供好き

となってしまうのは、おわかりいただけますよね

さいごに

ショタコンの皆さん、ロリコンの皆さん、二次元相手なら素敵なことです! だってかわいいじゃないですか! 可愛い可愛い言って何が悪いのです! あいつらどうせ偏見でしかものが言えないキチガイですからほっとけばいいの。可愛いショタとかロリとか、性的な意味で好きになったっていいじゃない。それは萌えであったり恋心のようなものであったり、色々。てかね、好きな相手にえっちなこと考えるのって当たり前なわけ。それが人間、それが健康(二次元に対して健康かどうかはさておき……)。嗜好がロリショタだったというだけで、そういう人でもロリショタ以外に萌えたり恋心抱いたりするわけ。ショタコンだーって公言してるけど、私の歴代最大婿様はせーちゃんだし……

三次元? え、しねば? リアルは引くわ。二次元だから良いんだってこと、理解できてないと頭弱い子に思われちゃうよ?  二次元だからキモいって思う人がいるみたいだけど、そういう人って何を根拠にしてるんだろう。私が三次引くって言うのは犯罪的な意味で言ってるんだけど、まさか二次元相手に犯罪云々思う頭お花畑な人いないよね。「いつかリアルで……」とか言う人いるけど、二次と三次を混同してるのはあなたの方ですありがとうございました。二次を三次にとかよくそんな怖いこと思いつくね、犯罪者予備軍じゃない? まぁ……中にはいるんでしょうけどね、そういう人も。まぁそういう人は二次スキーな私たち病人からすればただの「にわか」ですけどね

話それすぎ

言葉の意味と言うのは、もともとの意味と、時代によって変化していく意味と、人々の第一印象(大部分は、残念ですが、偏見)、流行りなどによる新たな見解、こういった事を踏まえて作られていくものです。「全然」という言葉、知ってますよね。昔は否定的な意味しかなかったらしいですが、今は肯定的な意味も認められていますね。要はそういうこと。いやこれの事実云々に関係なく、言葉というものは日々進化し退化し、その時代のその人々によって解釈され、親しまれていくものです。元の意味や実際の意味はもちろん大事なものですが、その時代を生きる人たちにとっての見解も、立派な意味ではないでしょうか

まぁ言葉遣いが違う事にツッコミを入れたりもするけどね、私もw でもこれはまた別問題だから今回の件には関係ないね

ご高説書かれてる方も、もっと頭柔らかくしたほうがいいんじゃないですかね。誰もあなたの言う事間違ってるなんて言ってないわけだし。私は「勘違いしないでほしい」と言ってるだけですよん。まぁ私も、この記事を最初に書いた時よりも頭がやわらかくなってるわけでして、当時の自分にすら疑問に思うことはたまにあるんですけどね、お恥ずかしながら

| | コメント (4)

ツンデレお嬢様の萌え語講座

何かと命令することが多く、自己的な完璧主義。でも周りはしっかり見れていて、独りよがりではない有能さ。思うことは実力で実現させる事を踏まえ、思う通りにならないと気がすまない。気まぐれで、だけど弱い部分を見せはしない。才能に溢れた努力家、美人

などなど、挙げるときりがないわけですが
とにかく、魅力に溢れた属性である、ツンデレ+お嬢様。この手の場合は、案外にしてツンとデレのギャップを楽しむ以上に大きな魅力がありますね。なんといっても相手は「お嬢様」なのですから

さあ、彼女の言葉を思い浮かべてみましょう

「何か用? 用がないなら話しかけないで頂戴」
「飲み物を買ってきてくれないかしら」
「あなたにするわ。これをやって頂戴」

なんとまぁ上から目線。この時点でも素敵なのですが、魅力はこの先。の前に、実は上記セリフは下にいくにつれデレが増しています。わかるよね

一番魅力が引き立つのはここ。魅力ていうか、一番グッとくるところ

「ずっとそばにいなさい。いい?」

なんて告白の仕方。デレ度80%。こんなセリフも

「お願い、どこにも行かないで」

お願い、って言わせてしまいました。前後の態度等も含めて、ツンデレ+お嬢様の魅力はこの瞬間に一番輝くと言ってもいいでしょう
いつの間にか、彼無しではいられなくなっていた……というやつです

……時間がきてしまった(- -; 続きはまたいつか…………

| | コメント (0)

お月様で思い出したけど

いや、皆知ってると思うけど
はやい人で小学生の頃から、遅いと高校生くらいから始まるのですよ。ほんとに個人差があって、これが結構な心配のタネになるのですよ。そのくせ、40歳くらいからは機能低下が始まって、歳を取ると子供が生めなくなってしまうそうな。年齢的に意味ないていうか自重だけど、えっちな気分にもならないのかな?
反対に、男性は半永久的らしいですね。たまに歳いった人にやられてるシーンとか出てくるけど、おかしくないみたい。男性の場合は何がどう早くて遅いかわからないけど、性的関心は小学生あたりから。男女どっちもだけど、意味もわからず、てことが多いみたい。是非はともかくとして、身体の成長に知識が追いついてないので、性教育はもっとはやくから始めてもいいと思いますね〜。だって、いきなり血ですよ。そりゃ怖いよ(笑) いや、笑えないですが……本気で、何か病気にかかって死ぬのかとか思う人もいます。性教育って、なにもエッチのやり方とか教えろって言ってるわけじゃないのよね。身体のこと、それも、これから自分が付き合っていかないといけない事について。お月様とかそういう事について、もっと早めの教育が必要だと思うんだけどな

中途半端だけど時間きちゃった。また語りたいですね

| | コメント (2)

今日はシナリオ講座・人生応用編

まぁ普通に、シナリオ知識としては一般的な技術なんですけどね

伏線とその回収は、シナリオにおいてとても重要な技です。ただその方法にも様々あって、今回はそのうちの一つを紹介したいと思います
伏線を敷いて、その回収を行う……でもその回収した事が、実は間違いだったら。早い話が、一旦回収した伏線は実は偽物で、本物はもっと後で回収されるという事
これだけじゃ何の話かよくわかんない方もおられるでしょう。そこで一例


ある同級生の友達が、毎日学校が終わるとすぐに学校を出て帰ります。その子は楽器が好きなので、レッスンでもあるのだろうと思います。ここで伏線が回収されました。でも事実は、その子は病弱で、毎日学校の帰りに病院へ行っていた。これが、後に回収される、ほんとの伏線


こんな具合に、一旦事実がわかってほっとした、忘れた頃に実は……という展開方法があるのです
こうして説明しちゃうとなんだかですが、実際これは多く使われてます。知らず知らずで使う場合もありそうですね

さて、ここからがアリス流。この技術を、私たちリアルにて考えてみましょう

自分が何かをしていて、それを隠すために嘘を吐く……これも、ちょっと違うかもだけど、受け手からしたら二重に伏線の回収が行われる事になります
驚かせる為に誕生会を隠すようなものですね

このように、一つの伏線に対して二度回収が行われる事というのは、リアル世界でも結構よくある事なのです。シナリオは物語を描くもの。こういった技術は技術として生まれるのではなく、道理摂理がそのまま技術に至ったのでしょうね(*^-^)/


まぁこの技術の説明は三回目のような気もしますが……思い付いたらなんでも記事にしちゃいますからねぇ……

携帯からなので短い記事です。また帰ったら色々かこー

| | コメント (0)

明日から使える、魔方陣の知識!

入門編

魔方陣というと皆さん思い浮かべるでしょう、丸くて字が書いてあって。あれは厳密には魔法円と呼ばれるものなのですけどね

魔方陣とは、正方形の中に数字を並べ、その数は縦横斜めどう足しても同じ数字になるもの、という定義があるのです。たとえば

492

357

816

こうならべると、どこをどう足しても、15になるはず。こんな風に、どう足しても合計が等しいことから「完全」を表すとされ、魔を寄せ付けない(=護符など)という考え方があったのです。ちなみに、五行説では、この中央の5が世界を構成する5つの元素(木・火・土・金・水)を表す聖なる数だったとも言われているみたいです

皆さんよく思い浮かべる魔法円の方はこんな感じ

円は閉ざされた世界を意味し、結果いとするならば霊的な存在の出入りを禁ずる事ができると信じられていました。そのため、中世の魔術師や霊媒は、霊や悪魔を召喚する際に魔法円を描いて、その中に入ったり、霊障を免れようとしました。ここが意外なところで、魔法円は、術者が自分を守るために使用した例の方が多いのです

全部魔法事典に書いてあったことですけどねw こういうの勉強してみると、案外いろんな事がわかって楽しいのですよね(*^-^)/ また色々詳しく書いていきたいと思います

| | コメント (0)

今日は「アスタロト」について

お昼の時間になに書いてるのって話ですね
何書いてるの? って訊かれても、ううんべつにー、と答えてます

さて、今日は惰性を愛するアスタロトのご紹介。アスタロトも有名だけど……知らない人多いかも

恐怖公や地獄の大公と呼ばれるアスタロトは、ソロモン七十二柱の悪魔の一柱で、四中の軍団を指揮する大公です
怠惰を好み、人間を放埒な生活へと導くと共に、人間の苦しむ姿を見て楽しみます。悪趣味ですね〜

アスタロトはですね、かなり頭がいいと言うか博識というか。あらゆる秘密に精通してたり、天界の事情に詳しかったりします。また、過去や未来を見通す能力を持っているので、アスタロトを召還した者に多くの知識を授けます

こんな彼ですが、なんとも凄い悪魔です。全身黒づくめで、唇は血で染まっています。また、吐息が悪臭極まりなく大変有害なため、アスタロト召還の時は魔法の銀の指輪を鼻の下につけておくといいみたい。登場の際には、手に毒蛇を持ち、巨大な竜もしくは蛇みたいな怪物にまたがっております
ただ、一方では美しい天使の姿をしているとも言われております。それは、アスタロトが元は天使だったという説から由来してます

アスタロト……いいえ、元は性愛や生殖を司る女神で、アスタルテという名でした。「美の女神」として名高いアフロディーテやヴィーナスと同じ起源を持つと言われているアスタルテは、同様に美しい女神の姿をしていたと思われています。また、アスタルテは月とも強く関連付けられていた女神でもあり、三日月を冠した美しい姿で知られていました
そして、かつて存在したアスタルテの神殿には、巫女たちが売春を行う「神聖娼婦」がいたと言われています。この娼婦たちが行う売春は神聖なものであり、宗教的な意味を持つものでありましたが、これはキリスト教世界では到底受け入れられるものではありませんでした
その為、アスタルテは「野蛮」や「淫猥(携帯の変換で出ませんね)」などの烙印を押され、悪魔へと貶められてしまったのです。なんとも悲しい
勝手な予想ですが、禁欲者が、性に関する一切の禁止を多少なり不満に思い、その現状をアスタルテに託したのではないかなと。つまり、性に関する何かで聖職者から追放された人、みたいな。そもそも性交とは子供を作る、つまり命を紡ぐ大切な儀式であり本来人間として禁止されるべきでは無いものです。まぁでも、そう書くと問題になりかねないので、宗教的な意味を持った売春、としたのではと。あと、売春を行っていたのは巫女ですからね。勿論この巫女というのは日本のそれとはまた違うわけですけども。アスタロト(聖職者)は、天界(キリスト教)やあらゆる秘密(人々の秘密。懺悔聞いたり相談に乗ったりしますからね)に精通しているので。また、「貶められた」という言葉を使っていることや展開も、こう思わせられるゆえんですね。勝手な予想です
ちなみにこのアスタルテ、古代フェニキアの女神でした、という説もあります。つまり、他の悪魔にも見られる、キリスト教世界からみた「異民族」の神が貶められて悪魔になった、というあれです。ベルちゃんのモデル、ベルゼブルもそうですよ。あうーっ

また、アスタロトはもともと上級の天使でしたが、天界たちの反乱に加わり天から追放されて堕天使となったとも言われます。しかし、アスタロトは自分が不当に天から追放されたと主張しており、天国における自分の復権を信じています。また、召還された際には、天使たちが反乱を起こして堕天された時のことを自ら進んで語ります。そして、この時には自分が不当に堕天されたという主張を召還者に訴えることも忘れないといいます


なんとも興味深い悪魔ですね。いろいろ想像を巡らせてしまいます
日本の巫女は清潔清純のため処女でないといけないとかいう話もありますが。また今度は日本の話に目を向けるのも良いですね。でも、日本のこういう話に関する文献は、ちょっと古い本を読みあさるか専門書を買うしかありません。私が持ってる巫女さんの本などにはそういう裏というか、とりわけ性に関する記述はありません。日本の、文学を軽んじるバカ政府の弊害ですね。まぁバカなのは一部ですから、バカ政府は言い過ぎですね、すみません。そういう隠された内容も、調べればいろいろ出てくる筈ですが。まぁ私にかかれば調べるなんて簡単ですよ(*^-^)/

さて、今回はアスタロトでした。皆さんご存知だったかな? 普通聞けない話を語るこのカテゴリですが……有名な話ばかり取り上げているので、聞くまでもない話ばかりかもしれないですね。萌え関連にしてもこういう話にしても、まだまだ初級ですので。いずれ深い話にしていきたいですね(≧▽≦)/
*なお、私の記述は、当たり前ですが、「知っておきたい天使と悪魔」や「魔法辞典」などの文献を参考にしたものです。それらを読んでいますので、内容が似てる、または同じなのは当たり前なのです。ただ、もう自分の知識として吸収しているので、参考文献の記載を省略しているのです。下記写したのではなく、暗記しているので

今度はなににしようかな。また興味深いものを挙げたいです
では、またです

| | コメント (2)

今日のお題は「リリス」

名前くらいはご存じではないでしょうか。ええ、翼と長い髪を持つ夜行性の女の悪魔です

新生児を見つけたらさらうか絞め殺し、寝ている男性を見つけたら悪魔の息子をもうけるために誘惑しようと空を飛びまわっております

今日は、こんなリリスに関する知識をどうぞ(*^-^)/

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

リリスは、アダムの妻でした。そうです、イブより前の妻。知ってました?

そんなアダムとイブは毎日性行為に励んでおりました。まぁここまでは普通なのですが、どうしてリリスが悪魔になってしまったのか。そこが今日のポイント

元々リリスは子供をさらったり殺したりするようではなかったのですよ。彼女がこうなってしまったのには、切欠があるわけです

毎日性行為をしていた二人ですが、リリスは奔放な性を楽しむ性格でした。なので、正常位に拘るアダムに不満を持っていたのですね。リリスはそんなアダムにも獣じみた体位などを要求したと言われております。ふむー

実は、これがきっかけで二人は仲たがいをしてしまいました。まぁ毎日求め合うくらいやっちゃってたわけですから、二人にとって体位がどうこうと言うのはかなりの問題だったわけですね

でも、実はアダムはこれを後悔しているのですよね。リリスが去ってしまった事を悲しみました。それを哀れんだ神様は、リリスにアダムの所へ戻るよう説得するのです。でも、リリスはそれを拒みます。首を縦に振らないリリスに、神様はついに脅しをかけることにします。アダムのもとへ戻らなければ貴女の子供を毎日百人ずつ殺す、と。それでもリリスはアダムのもとへ戻る事はありませんでした。それどころか、苦しみと自分の運命を嘆き、紅海に身を投げてしまいます

その復讐として、新生児を狙うようになったと言われているのが、このリリスなのです

なんというか……細かい所は置いておくなら、案外誰も悪くない話なのですよね、元は。ある意味これも悲劇ではないでしょうか

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

みんな、アダムとイブくらいは知ってると思います。失楽園の話とか、ルシファーが蛇で出てきて、とか(蛇の甘言に耳を傾けるな、とはここから来てるのでしょうね)。そんなアダムんも、実はこんな話があったのですよ

リリスって、名前くらいは知ってるよね? 見た事ないけど、映画にもなってるくらいだし(あれはリリスのイメージを重ねただけなのかな?)

と……まぁ神話などを語るにしても、絶対に切り離せないのが「」ですよね。そもそも、ある地方ではこういった「性」がおおいに絡む物語というのは、禁欲者がその煩悩を発散させる為に書いたものと言われているくらいですからね。でも、いまやこれら神話や伝承は、教訓や面白い物語として人々に伝わっています。つまり、当り前だけど、神話などというのは立派な文化で文学です

でも、言えばこういうお話は、ヘタな漫画などよりも性の密度というかあれが濃厚ですね。悪魔とか出てきてる時点で、レイプとか当り前なのはお察し。でも、それら含めて、全てが文学であり文化であります。身近な所で言えば、ギリシャ神話などもそうですね

AVGも同じなのですよね。素敵な物語があって、そこに性要素が加わっているだけです。こちらも同じ、芸術です。普通の映画に性表現が混じったのと考えたって良いくらいです

と、言う事は

こういう性表現を規制すると言う事は、それ即ち芸術を否定すると言う事神話などさえ否定するに等しい事になるわけですね

つまり

外国の御機嫌を取ろうとするつもりが、外国の文化を思いっきり否定しているわけです外国の文化を否定すると言う事は、外国そのものを否定していると言っても過言ではないはず

規制とか言ってる人たちは、こう言った文化を全く知らないのでしょうね。無知乙、というやつです

まさに、ゆとり乙

閑話休題

こういった天使とか悪魔とか、神話系の事大好きなのですよね。専門書……とまではいかないかもですが、こういう情報が沢山書かれている文献を幾つか所持しております。魔法辞典とか、そういうのw

これからちょっとずつ掲載していくので、皆さんの雑学勉強に役に立てばと思います。というか、文化を勉強する事は大事だと思うので。それでは(≧▽≦)/

| | コメント (6)

今回の議題は「危機感」

なにもこのカテゴリは私の専門分野に関してだけを語るわけではないですよ

みなさん、「危機感を持ちなさい」という言葉を聞いたことがあると思います
危機感を持って仕事しなさいとかそういう意味を持っているわけですが、これはすなわち、危機感を持つことによって自分にプラスになる刺激を与え、(やることに)良い効果をもたらす事を期待しているのですね

つまり「危機感=良い刺激」という式が成り立っているわけです

でも……

果たして、それは万人に当てはまる式なのでしょうか?
こたえは、明らかにノーですよね。危機感持ったらパニックになっちゃう人だっているんだから
なので、とにかく「危機感を持て」と言う人は信用なりません。ゆとり脳こわい
言うなら相手を見極めないとねっ


あとね、危機感を持つことに慣れたりそれが当たり前になると危機感による刺激が無くなるから、ただ変な気分になるだけ。常に考えるのもなんだかですね

あ、私ですか?
無駄に危機感持って杞憂を味わう損するタイプです(- -;

| | コメント (0)

折角なのでネタを一つ

と言っても、このネタはご存じの方が多いと思います。この記事を見てくださってる皆様の多くは既婚者かと思われますので

ご存じCLANNADのアフターシナリオ(汐ルート)では、渚が死んでしまいます。妊産婦死亡というやつです。渚ちゃんの場合は持っていた病気のせいなわけですが、そうでなくても妊産婦死亡は多くは無いですが、起きます

原因は、出血、妊娠中毒症、血栓症、塞栓症などです。出産前後というのは、ほんとうに多大なリスクっていうか、危険が伴うのですよ……つわりで死んでしまうことさえあるのですからね

血管が強く収縮したりすることで影響が出るわけです。こうなると子供の方も危ないのですよ。勿論、病院でなんとかできる場合も多いのである程度は安心できるわけですけど

CLANNADでもやっていましたが、出産が危険だと判断されるような状況下では、母体の安全が優先されますね

うわっ、記事短かっ。しかも普通に聞いて学べる内容だったってゆー……なんだかなー(- -;

全然全くこれっぽっちも関係無いのですが

ジブリール3のアンソロ本に香月りおさんも参加されてますね(^ ^

| | コメント (2)

気がつけば

存在を忘れてしまいますね、このカテゴリ

属性の話などは前に結構しちゃっているので、あんまりネタが無いというのが本音です。けど、どんな事でも書いちゃうアリス・ティーさんです。どんなネタだろうと、議題があれば突き詰めていっちゃいます。文学的な事でも萌え系の事でも、はたまたえちい事でも。例えば、母乳は血液からできてる、とかね(皆知ってるか)

まぁ私が知っている事でないとお答えはできないのですが……あと、正直、興味無い事だとやる気が出ません

……いや、特に何かお題があったからこのカテゴリを使ったわけではありません。ふとカテゴリを眺めていたら、最近書いてないなと思っただけで。ネタは……あるにはありますけど、あんまりほっとなネタというわけでもないですからねー

何か聞きたい事あればコメくださいね。書きあげていっちゃいますので。ただし、面白そうor私が知ってる事でないと書かないかもです。というか、興味無い事の場合知らない事が多いので……いや、曖昧かなってレベルなら調べますけどね。誰も質問くれませんか、そうですか。まぁ得意分野がAVG関連(恋愛や男女の話、えちいこと、文学的な事などなど)だからあれかもですけどね……あ、紅茶とかもですね

そういえば、紅茶の話も最近してないですね。というか、最近はつまんない事ばっかり書いている気がします。もっと読める記事を書かないと。また考えておきます

| | コメント (0)