カテゴリー「不思議の国のアリス・鏡の国のアリス」の記事

不思議の国のアリス

は英語では

ALICE's adventures in wonderland

と書くみたいです。書くみたいというか、こちらがもとですが。鏡の国と二つ合わせて

ALICE's Adventures in Wonderlnd & Through the Looking-Glass

です。ご存じ、ルイス・キャロルの著書です。この話は、キャロルがリデル三姉妹の次女アリス・プレザンス・リデルをモデルにして即興で作ったというのが始まりでした

さて、このお話ですが……うん、英検2級のTOEIC600点レベル級らしいです。つまり、英語を勉強しようと思ってる人には丁度いいレベル。なのですが、ここでひとつ

英検やTOEICができても英語ができない人って沢山います。それは、喋りは勿論ですが、長文を読めないのです。逆に、長文は読めるけど英語はあまりできない、という人もいます。これは、文章の見方そのものが違うからです

後者の人は、長文が読めて内容も理解できるけど、おそらく細かに日本語訳はできないでしょう。前者は、訳こそできるものの、長文を読むのには時間がかかるでしょう。面白いでしょ。全員がどちらかっていうわけじゃないけど、結構な人がこのどちらかに属するはずです

まぁそんなことはいいとして

不思議の国のアリスは、皆さん中身も知ってる方が多いはず。面白いですよね~、この話。私も大好きです。何より、アリスって名前の響きがステキ(内容も勿論ですよ

ちなみに、アリス本人は、挿入絵に描かれているような娘ではないらしいですね。つまり、アリスと聞いてイメージする女の子みたいな感じではないということ。金の長髪でっていう、あれじゃないと。黒髪のボブらしいです。Wikiに写真が載ってたような気がします

ところで、皆さんはどこでアリスを知ったのでしょうかね? 原版で? 日本語版の本で? アニメで? それとも、もっと別の所で? 原版を読めば、もしかしたら、今抱いているイメージとは違った何かを発見できるかもしれませんね

さて……読むのはいいけど、満足に時間が取れそうにありません。というか眠い……ふわわ……アリス、ねむーい

どうでもいいですが

私がアリスと聞いて思い浮かべるキャラは、無邪気できゃははって感じの女の子です。不思議の国のアリスのイメージは特にありません。けど、無邪気だけど、好奇心旺盛であったり言葉づかいであったり、案外思った事を喋ったりというのは、不思議の国のアリスからきているのでしょうね。更にちなみに、このキャラはPDFでは瑠香ちゃんが担当です。紅茶館では勿論アリス

さてー。また読んで、面白い文章があったりしたら載せて解説していきますね~

*全文載せるのはマズい上、かなり大変な作業になるのでしません

| | コメント (6)