« オタク文化の終焉とは | トップページ | 最近書いた3記事について、紛らわしいので解説 »

ニコニコが衰退しているという事実

いま、そこらかしこでニコニコは終わったといわれています。
これは主に、ニコニコが取る政策というか、新機能やコンテンツの発表がことごとくはずれているから……とかなんとか。

まぁそれ以上に、ようつべなどに人が流れてしまったことによる過疎ですね。

ただ、これに拍車をかけているのは、他の誰でもない、利用者だと私は思います。

はっきり言って、利用者の質が落ちているとしか言いようがない。

以前は、ひとつ動画などがあがると色んな人が見にきたり批判したりしていてとても賑わっていました。今でも一部はそうですが、その中身が次第に変わってきているのです。

質の悪い利用者とは?
漠然と言えば、視野の狭い利用者、心が穢れている利用者。

視野が狭いというと悪い意味に聞こえますが、別にその限りではありません。これは私もそうなんですが、単純に、色んな動画を見なくなった、という意味でも言います。これは別に悪い事ではありませんよね。

ただ困るのは後者。
理由は様々ですが、投稿者に対して不必要なまでに辛くあたる人が相変わらず多いですね。
いつの時代にもこういう人はいるものですが、特にニコニコ界隈では多く見受けられます。

嫌がらせをしたり、関連するコミュニケーションツールで村八分にしたり、各コンテンツ内で罵ったり。

かくいう私もその嫌がらせを受けていたりするのですが、どうしてそう言うことをするんだろう? と全くその人の心が理解できません。
こんな事をする人がいるコンテンツに未来はありますか? こういうのが嫌になって、外へ抜けていく人も結構いると思います。

何でそう言うかって、ニコニコは他の類似コンテンツに比べて内輪感といいますか、コミュニティの密度が濃いと思うからです。

例えばようつべなんかは、街頭テレビ。ニコニコは、映画館のスクリーン。これが私のイメージです。
映画館で態度の悪い人がいたり、暴言吐いたりする人がいれば……わかりますよね。また、映画となればチケット購入が必要になります。購入しておいてキャンセルしまくられると、映画館からお客も消えます。イメージにおける一例です。

つまり、ある程度限られた状況を作り出していることによるデメリットのリスクマネージメントができていないのでは、という疑問があります。
まぁ管理しろっていっても、各個人の言動なので規制のしようもないんですけどね。


ただ、私が懸念しているのは、もしかしてこの傾向って今の社会がそうだからこうなっているのか? ということ。

年月が過ぎるにつれ、時代も変わります。いわゆる「世代」を作っているのはどうしても若者が中心になりがちで、それはつまり、今の世間の傾向は若者の言動を反映させたものになっていると思われるわけです。
となれば、この陰湿な言動が横行している現状は、今の世代がそういう傾向にあるからなのではないか? と思わざるを得ないのです(そうじゃない人も大勢いるのは知ってます)。

ここ最近では、コンテンツを食いつぶしてすぐに捨てる、という傾向があるのは確実です。それだけなら、まぁ仕方の無い事なのですが、その原因・理由となっているのが心無い人の行う言動であるとするなら、非常に嘆かわしいことです。
けど、飽きっぽい人が多いからって、この状況は生まれないと思います。となると、やはり更に深刻な原因が眠っていると考えられ、私の思う懸念もあながち間違っていないのではないでしょうか。

人に嫌がらせをする場合、その人の心が欠陥していることがほとんどです。

その多くは嫉妬でしょう。あるいは、嫌がらせをする事で何かを満たしているのかもしれません。
こういった相手に対しては「かわいそうなやつ」と思えばいいのですが、嫌な気分になる事にも変わりありません。
そして、こういう嫌がらせをされることによって、そういう事態を外から見ていることによって、やはり人は離れていきます。嫌がらせを行っている人間からしても、仮にそれで(例えば)ニコニコが無くなったところで痛くもかゆくも無い。だから、自分勝手なことばかりする。

こうなってくるとニコニコにむしろ同情してしまうのですが、こういうのってどうにかならないのでしょうかね。いつの時代にも心狭い人はいるものですが、年々やりくちが陰湿になっていっている気がします。

私に嫌がらせしてる人、かれこれ3年になるんだけど、本当によく続けてるね。もうストーカーだよこれ。

|

« オタク文化の終焉とは | トップページ | 最近書いた3記事について、紛らわしいので解説 »

私の国のアリス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オタク文化の終焉とは | トップページ | 最近書いた3記事について、紛らわしいので解説 »