« 大衆的社会から個別社会へ | トップページ | ニコニコが衰退しているという事実 »

オタク文化の終焉とは

*先日書きました「大衆的社会から個別社会へ」とは対象の異なる内容になります。そのため、相反する記事に見えると思います。

割とずっとモヤモヤしてたことがあるんだけど、それが何か書いてる人がいた。

去年の9月頃の掲示板でだけど、オタク文化が一般化しすぎて逆にオタクが消滅しかけてる云々(タイトルはまとめサイトが書いてるだろうから実際のスレタイは知らない)

ふーん? って思ってつい最近読んでみたんだけど、そこで色々意見出してる人たちにかなり共感した。

このスレ作った人も似たようなことを感じてモヤモヤしてるんだろうけど、これに対するほかの人の意見もかなり的を射たものが多くて私も「これだ」ってなったよ。

元としてはおそらく、一般人が沢山介入してきたことによってこれまでオタクと呼ばれていた人たちが一般人と見分けがつかなくなってきた、って感じなんだと思う。で、重要なのは、昔はコアにオタクをやってた人たちがこうなってきたことで、どんどん自分達が好きだったものから離れていくって話。

正確に言えば離れていくんじゃなくて、大衆化してきたものには近寄らなくなっていく。

スレ主はこれにより業界が衰退・終焉に向かっていると結論付けているけど、まぁそこまではいかないにしても、一般化しすぎたことで、カルチャーとしてのオタクや文化は完全に失われてしまうよね。
「オタク文化」というものが無くなり「一般化された何か」に成り下がるわけだから。

勿論、それ自体には何も問題ないんだけど、こうなる事で出てくる影響が問題ありまくりなわけよね。

どうしてかって、これまでオタクと呼ばれてきた、いわば真正(真性)の人たちは曲がりなりにもプライド()を持って自分の好きなものに向き合ってきたんだけど、一般化されたものに群がってる人たちにはそれが無い。
日本人特有の残念な気質がはっきり出ていて、「気が向いたから見る。飽きたらすぐ捨てる」をやる人たちばかりだから、長い目で見ればコンテンツがつぶれるのは明らかに早まる。

ことオタク文化についてこういう事を話すと理解してもらいにくいけど、例えばこれ、有名アーティストが死んだから後追い自殺しましたとか、そういう話と同じなんだよね。アーティストじゃなくても、応援してる球団とかでもいいし、もっと言えば自分が好きな人愛してる人とかでも同じ。
こういえばわかるでしょ。それは違うって言うかもしれないけど、同じなのよ。それでも違うと言うなら、根本から話題を取り違えてる。

要は、興味を持つ人は増えたけど、実際真剣に向き合う人が減っている、っていう状況。
アーティストでも野球でもなんでも、真剣に応援する人がいるから良いのであって、本当に大衆化されてしまったら生き残れないと思う(そこから先の話になると野球とかはまた少し違ってくるけど)

特に、オタク文化にはバックがいない。言っても近年出来上がった成り上がりの文化だし、つぶれそうになっても誰も止めないと思う。私的には、そうなるならそうなるで良いと思ってるけどね。

閑話休題。
私が感心したレスが幾つかあるから、抜粋していく。

【コミュニティーの一生】
面白い人が面白いことをする

面白いから凡人が集まってくる

住み着いた凡人が居場所を守るために主張しはじめる

面白い人が見切りをつけて居なくなる

残った凡人が面白くないことをする

面白くないので皆いなくなる


特に日本は和の文化があるからバカに気を遣ってレベルが低いほうに平均化されやすく、面白いコンテンツが有名になるとすぐダメになるよな

オタク面して批判ゴッコしてマウントとりたがるキッズがオタク界を荒らして回った

作品への愛情表現が円盤を買う事からツイッターで好きですアピールすることに変わった




この辺かな。

私の意見としては、アニメとかはそこまで衰退はしてないと思う。
ただそれは、今は一般化されている真っ最中だからであって、今後下降していくのは目に見えてる。
繰り返しになるけど、その物に真剣になっていた人たちが減っていくから、今の一般人(スレでいう凡人。悪い意味とかじゃない)は飽きればすぐ投げ捨てるので、結局人がいなくなってしまう。

業界も、その場しのぎみたいになってる事には気づいてほしい。
けど、今がよければじゃないけど、どうしても目先に集中してしまいがちで(商売としては仕方ない部分も多いんだけど)長い目で物が見れていないブランドも多い。

確かに今の日本人の感覚って狂ってて、何か買うにしても1万すると高いとか言うくせにソシャゲに課金するのは3万でも高いと言わない人が増えてきてる。
そりゃソシャゲ運営すれば儲かる。目をつけた人は賢いと思うけど、もうそれは儲けの道具になっているだけであって、文化を大事にはされていないんだよね(悪いとは言ってない)

そう思うと、オタク文化は終焉に向かっていると言われれば、確かにそうだねと納得せざるを得ない。したくないけど。

ただ、私の周りはもうそうなってしまってる。ここ最近で急にうちらの業界へ足を突っ込んできた人たちは漏れなく「何事にも集中できない人」なんだよね。それを見てると物凄く不快な思いになるんだけど、このスレ見て納得した。
別に、だから全員がそうと言ってるわけじゃないよ。ただ、そういう人は多いんだろうなって思った。

たぶん、そう言う人たちに言わせれば「別に何を好きになろうと、仮に飽きてすぐ捨てようと勝手でしょ?」ってなるだろうね。
いや、別にそのことについては何も文句も無いし悪くも言ってないんだ。論点はそこじゃないんだ。あなたいち個人が何をしようとどうなろうと業界は1ミリも動きはしないし、誰も彼もあなたの言動をどうこうしようだなんて思ってすらいないんだ。
ただ私が不快ってだけ。

こういう話をすると「世間とずれてる」とか「変わり者」と言われるけど、元々オタクってそういう生き物だったでしょ?

私達としては、別に歩み寄ろうなんて微塵も思ってないわけ。
だけど、ある程度は業界のせいでもあるけど、歩み寄ってきたのはそちらなの。それに対して「えっ、なんでこっち来るの?」って私達は言ってるだけ。しかも来るだけならいいけど、コンテンツ食いつぶそうとしてるんだから「ちょっと待ってよ」って言いたくなるよね。
だけどこう声を上げると「好きなことして何が悪い」とか「何でそんなこと言われなきゃいけないの」とかのたまい始める。それは好きなことしてるんじゃなくて、自己中心的に物事を考えてるって言うのよ。自由という言葉を取り違えてる、典型的な例。

挨拶もしなかった隣人が急に家に上がりこんできて家を占拠し始めたら「えっ」て思うでしょ? それと同じ感覚なんです。
家に来るのはいいのよ。あがるのも何なら問題ない。けど、他人の家にあがるならそれなりの立ち振る舞いってあるでしょ? 家に来た人がいきなり冷蔵庫開けたり食べたり飲んだり、勝手に家の物触ったり壊したり、ドタドタ走り回られたりしたら、どう思う?


変わり者でいいんです、ズレてていいんです。私達はそういうのをプライベートに秘めて、「普通に」社会人やってるわけだから。
そもそもいちいちオタク文化を表に出さなくていいの。裏で楽しんでるだけなんだから。それを誰かに知ってもらいたくもないし、同類以外に共感をもらいたいわけでもない。ただ静かに生きたいだけ。
意味わからないかもしれないけど、私達からしたら「住処を荒らされてる」って状態なんです。本当に辛い。


お互いに手を取り合っていけるような関係になれるのなら、一般化も大歓迎なんだけどね。
これについては、お互いに悪い部分がありすぎて、しかも「根本的に気が合わない」って場合が多いから無理に近いんだと思う。

ある時期は、本当に態度の悪いオタクがのさばってた時代もあったからね。私達はあれを仲間とは思ってないけど。あいつらのせいでオタクに対するイメージは悪くなった(でもまぁ、それで距離が離れるならそれもいいかと思ったけど……わけわからんね)
ただ、周りから見れば同類だろうから、これについてはある程度は仕方ないと思う。そのくらい見分けられるようになれよとは正直思うけど、これが集団生活ってやつだからね。

でも、今度は私達が嫌な気分にさせられてる立場。こう思うとお互い様ではあるけど、一番被害をこうむっているのは、お互いに、こういう状況に関係していなかった当事者であることは忘れないでほしい。
きちんと影で生きようとしているオタクの家を荒らさないで欲しいし、人の家を荒らすようなオタクには即刻消えていただきたい。

ひっそりでいいんです。共感してもらわなくていいんです。私達はそれで今までやってきたんですから。そっとしておいてほしいんです。
勿論、そうすることで文化が消滅するのなら、それは仕方が無い事です。まぁここはそれぞれの考え方次第だけど、思いを踏みにじってまで続けたいとは思わない。そうなってしまえば、私達が嫌っている人たちと何も変わらなくなる。死ぬ時は(好きなものと)一緒だよ。

余談ですが、誤解されがちなのは、私みたいな真性って表も裏もそうだと思われがち。これには苦笑いするしかないんだけど、私達がこうなのって裏側だけよ? 表じゃ普通に一般人してるし、なんなら「えっ、アリスさんってそうだったの?」って言われるくらい一般人。
きちんと勉強してきたし、仕事にも人一倍真面目に取り組んでるし、礼節等もちゃんとしてる。そういう評価をありがたい事に周囲からいただいているので、私の思い込みじゃない。

これは私の意見だけど、そういう分別をきちんとつけるからこそ、裏側を作れるんだと思う。これをできない人が裏側を作るから、何事に関してもだけど、困った事になるんだよね。

さて、表題から内容がそれてきたので、まとめ。

オタクに限らずだけど、文化というものは危ない形で大衆化・一般化されると終焉に向かってしまう。ことオタク文化については顕著で、量が増えても質が落ちるため、量に引かれてしまえば何も残らない。
私はこの状況がなんとも気持ち悪い(ついでにエセオタも気持ち悪い)

まぁえらそうに分析してるけど、超超個人的には、なんちゃってオタが大嫌いなだけなんですけどね。エセでもいいんだけど調子乗るなと。乗りたいなら真摯に向き合えよと。
表と裏は分けてるし、別に口にまでは出さないけどさ。世間的にいる分にはいいんだけど、周囲にいるとストレスやばい。せめてこの周囲だけなんとかできないかな……

|

« 大衆的社会から個別社会へ | トップページ | ニコニコが衰退しているという事実 »

アリス理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大衆的社会から個別社会へ | トップページ | ニコニコが衰退しているという事実 »