« ニコニコが衰退しているという事実 | トップページ | 止まない嫌がらせ »

最近書いた3記事について、紛らわしいので解説

大衆的社会から個別社会へ

これら記事は、相反することを書いているようで、実は全く異なる話をしています。

例えば最初の記事では、排他的な小規模社会の危険性について書かれているのであり、次の記事で触れている一般化大衆化する事への懸念とは、分野が違います。
同じ事柄について双方書いているのであれば私の立場として矛盾していますが、異なるものについての意見であるうえ、どちらに関しても「人が離れてしまう」という部分を一番問題視しております。

また二つ目の記事では大衆による介入を拒む傾向にありましたが、記事に書いてある通り、多くの人がなだれ込んでくるのが嫌なのではなく、そのものに対して真摯でない事が嫌なのです。
これは大衆社会であろうと個別社会であろうと同じ事で、大衆社会になる事によって起きる問題と個別社会になって起きる問題を別の視点から見て懸念しているわけです。

一見相反する意見に見えますが、同様の問題について私は警鐘を鳴らしています。中でも面白いのが、どの記事でもニコニコに関係しているということ。これはまぁ私の根城の一つがニコニコであるから見える事ですが、どの視点から見ても大規模な危険性を孕んでいると思えるってかなり危ないと思う……


ニコニコを例にして置き換えるとするなら、一つ目の記事では、排他的な小規模社会が形成されてしまっているため、一部が入りづらく馴染みにくい環境になってしまっている。このため能力如何に関係なく人が減る。三つ目で触れている嫌がらせにも通じる部分があり、排他的であるが故に一部を強く嫌い迫害する傾向にあるため、空気がとても悪い。
では沢山人が来れば大丈夫かといえばそうでもなく、二つ目の記事で触れているように、そのものに真摯になれない薄い人物が増えても意味は無く、むしろ人離れに拍車をかける結果となってしまう。悪循環。

必要以上な排他的社会や他者を迫害する行為、真摯になれない。こんな日本に誰がした。

共通して言えることは、何でもやったもん勝ちなんだなと。その後どうなろうと他人が悲しもうと傷つこうとどうでもいいんだなと。
そんな社会って正常っていえる?
と、疑問に感じているのです。

二つ目の記事で「そっとしておいてほしい」と言っているのは個別社会にしてほしいという意味ではなく、余計な介入はよしてくれと言っているだけです。大衆化してほしくない部分というわけ。
対して一つ目の記事で触れているのは、それまでと形を変えるにしても変え方に問題があるような気がする、と言っているのです。でもおそらく、一つ目のこの記事も元をたどれば二つ目の記事と同じ部分に辿り着く気がします。だって、人の多さ自体はおそらくそう変わってないだろうから。その人たちの質が変わってしまっていると感じてるのですが、その原因はもしかしたら、排他的個別社会のほかにも、二つ目の記事で取り扱ったような内容が含まれているのかもしれない……闇は深い。


勿論、社会や時代はどんどん変わっていくのでそれに合わせていくことも大事です。いつまでも頑固にしていたって、結局自分が損するだけなのもわかります。
だけど、だからといって私は他者を迫害して平気な顔してるような人間にはなりたくないし、中途半端な気持ちで物事に向き合う気も無い。

世の中には、本当に素晴らしい人が沢山います。こういう底辺に合わせていくのではなく、上を向いて歩いていきたいです。勿論そのためには、足元を見る必要もあります。でもそれは、地面を這うためではなく、地に足をつけてきちんと歩けているか確認するためだと私は思います。

永遠に解決しない問題でしょうし、逃げるのも一つの手だとは思います。状況が状況ですから、こんな所でストレスをためている場合ではないのですが……
ひとつ、そういうのも気にならないくらい大きなどんでん返しをしてみたいものですね。

|

« ニコニコが衰退しているという事実 | トップページ | 止まない嫌がらせ »

アリス理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニコニコが衰退しているという事実 | トップページ | 止まない嫌がらせ »