« 千の刃濤、桃花染の皇姫 プレイレビュー その6(余談+ロゴクリック) | トップページ | SMAPの皆様 »

千の刃濤、桃花染の皇姫 攻略+総評

あかりんの余談だけ一日とんじゃったけど、本日プレイ終了。攻略と総評を書き連ねていきます

いつもどおり、こちら完全に私個人の評価なのでそのつもりで

あと、ネタバレ全開なのでご注意を



<攻略>

選択肢は各ルート分岐のもののみ。合計で4つ。選べば即個別√に突入です。
ユースティアをご存知の場合、それと全く同じ形式といえばわかると思います。
簡単に言えば、共通√のままずっと進んで、途中で一人ずつ分岐していくタイプのゲームです。

攻略対象キャラは5人。

稲生滸、鴇田奏海、エルザ・ヴァレンタイン、椎葉古杜音、宮国朱璃

攻略順(選択肢が出てくる順)は上記の通りです。選択肢詳細は以下に

物語開始

「滸に同行する」→滸√へ分岐
「朱璃に同行する」→共通続行

「皇国再興のためだ、とやかく言うまい」→共通続行
「奏海の情熱に応えるのも義兄の務め」→奏海√へ分岐

「自分の責務を全うする」→共通続行
「夜鴉町へ急行する」→エルザ√へ分岐

「古杜音を無駄に傷つけたくない」→古杜音√へ分岐
「古杜音が提案した方法には効果がない」→共通続行(朱璃√)

という感じ。サブキャラである紫乃、睦美、子柚は余談(クリア後に出るおまけ)にて、短いですが√が用意されています

<プレイ時間>

33時間弱(うち本編が30時間、余談が3時間程度)

私読むの早いですが、分岐で見た既読部分も台詞飛ばさず全部聞いての時間です。ただしえっちシーンはやや飛ばし気味です。あんまり覚えてないですが、ユースティアより短い気がする

<個人的評価>

・滸
なんと言ってもほとりんかっこいい! 彼女の成長が窺える素敵なEDでしたが、時代背景というか状況的に仕方ないのですが、不知火の話がもうちょっと最初の方から出てきていればよかったかなと。刻庵さんの話や彼女の葛藤などは当初から描かれていたので、ある意味最初の分岐ですんなりほとりん√に入る方が違和感無いかも
ただ一番最初に分岐してしまう特性上仕方ないのですが、滸√に入ってからはすぐにEDきちゃうし肝心な所が地文ですらすらっと書かれて終わりなので、非常に同人甲斐のある話になっちゃってます
にしてもほとりんは乙女。テラ乙女! ユースティアの頃からおなじみの系統キャラですが、こう、グッと来るものがありますね
個人的な見所としては、√もそうなのですが、他の娘の√や共通時の彼女。特に水鉄砲ぶっ壊した時はブレなさすぎて笑い転げたww

・奏海
まいちゃん以来の妹ちゃん。超ブラコンでヤンデレ入ってるのは恐れ入りました。しかし、この属性にはまっっっったく興味ないのですが、奏海ちゃんは可愛い。お立場や世界観的に仕方ない話なのですが、あんまり普通に交流するシーンを見れないのが残念。勿論、だからこそというのもあるんですけどね。これはこれで同人甲斐のある設定
ただ、今作は全体的にそうなんですが、ユースティアの時ほどの痛烈さが無いというか、ちょっと「優しい」世界に見えちゃいますね。ユースティアの世界観で言えば奏海ちゃんはコレットみたく死ぬ手前までいかされる展開がありそうなもんなんですよねぇ
さておき、想像以上にグイグイブラコン発揮するのはすごかった。最初から最後まで超ブラコン。他の何を天秤にかけたって絶対に傾かない。恐れ入ります
個人的に思う奏海の魅力もやはりそこで、彼女の√でなくとも強烈にブラコンしてるところ。個別√は箍が外れたと言う方が正しい。いや実際その通り。しかしこんな娘に甘えられたら誰でもコロッといっちゃうんじゃないですかね? 妹属性ない私でもこの娘はアリだとか思っちゃいました

・エルザ
最初見たとき、ういんどみるに出てきそうなキャラやなとか思ってましたw さておき、エルザはいわゆる敵国の少女。まぁこの手の話なら必ず一人はいる立場のキャラですが、竜胆作戦まで全然近づける気配が無い(それどころか敵対してばかり)ので、いつどんな風に兆しが見えるんだろうとワクワクしながら進めてました
エルザサイドの諸々はそう多くは語られていませんでしたが、いつかは爆発するだろうなぁと思ってました(そしたら夜鴉町が爆発した)
エルザの魅力は、全体を通して「流石やなこの娘」と思わせるシーンが多々あったこと。滸とはまた違った意味でかっこいいキャラですね
個人的には、エルザをからかう紫乃の気持ちがよくわかるので、その辺りの話がもっとあれば良いですね。まぁ世界観や話の内容的に仕方ないのですが、悲痛な世界観にとらわれない形での個別の話がもっと見たいですね

・古杜音
攻略キャラでは一番好きです。トップ争いをしているのは子柚ちゃんですが、たぶん総合的に見れば僅差で古杜音ちゃんがトップかと。私もだいぶ衰えちゃったので投票結果の予想はもうできそうにないですが、古杜音ちゃん1位もありえる。あかりんが1位じゃないなら古杜音ちゃんが1位だと思う
さておき、古杜音ちゃんはもう魅力の塊ですね。なにこの可愛い生き物って感じ。全てが最高ですな。物語の核心にも深く関わる立ち位置ですし、プレイしたなら彼女の魅力が存分に伝わるはず。まぁ、好き嫌いわかれそうな娘とは思いますが
魅力を語るのにおっぱいははずせませんが、おまんじゅうむぐむぐしてるところも超可愛い。なんだろう、言動全てが可愛いので何もかも全部がずば抜けて素晴らしい。これっていう魅力が彼女の全てっていう、超べた褒め状態
古杜音ちゃんのテーマ?の風見鶏も凄く気に入ったのでずっと(垂れ)流してます

・朱璃
オーガストには必ずメインというかその作品の顔となるキャラがいます。今回それは朱璃ちゃんです。これぞオーガストというようなキャラです
あかりんを語るにはどうしても物語りに沿った話しかあまりできないのですが、一時流行ったいわゆる過去編も合わせて、非常に厚みのある物語、キャラとなっています。かなり王道ではありますが、王道だからこそ語るのが難しい所をきちんとおさえた、素敵な物語になっています(こんな評価を書いてる私は何様って話ですが)
あかりんの魅力は沢山あるのですが、個人的には時折垣間見える子供っぽい仕草ですね。一番記憶に新しいのは、余談で肘掛バンバン叩いてたところ。かっこいい場面も勿論あるのですが、あかりんは可愛い場面の方が好き

・紫乃、睦美、子柚
サブキャラな三人ですが、サブこそめっちゃくちゃ良いキャラしてる。紫乃さんの台詞回しはほんと楽しくて飽きさせない。ルート入った余談の話も良かったけど、紫乃さんは輪の中にいて場をかき回してくれるくらいが好き。エルザいじったりねw でも一番関心したのは、本当に丁度良い具合に皇国と共和国の中間にいるところ。どちらかといえば皇国側だったけど、エルザとの橋渡しがとても上手で、絶対いなきゃいけないキャラだと思った
睦美さんは頼れるお姉さんキャラだけど意外に脆かったりとこれまた魅力満載。途中退場しなくてよかった……(メルト並感)。この手のキャラは絶対どこかの話で剣抜いてくれると思ってた。けど、やりすぎは良くないと思ったのか、活躍は控えめだった。その辺はまぁ彼女の余談見て納得したけど。今回はメルトさんみたいに全てにおいて一枚上手って立ち位置ではないのですが、余談で個別ある事考えると納得。メルトさんはそういうのあったらだめな感じのキャラだったし
なんと言っても子柚ちゃんですよ。古杜音ちゃんと迷ったけど、仮に子柚ちゃんがメインキャラなら子柚ちゃんが一番だったかもしれない。狐ってとこも最高。何もかもが最高、テラ可愛い可愛すぎ。公開するしないは別にしても、竜胆作戦後くらいまでの話で「もしも子柚ちゃんが隣にいたならば」を書きたくなった。まったく、オーガストはロリのえがきかたが上手で困る(リース、かやにゃん、リシア、さゆみさん、からの子柚ちゃん)

オーガストの作品の魅力ではずせないのが、男性キャラ。今回はそう出番が多くはなかったけど、店長や数馬さんをはじめ、登場する全ての男性キャラがとても魅力的。ここに主人公の女武人が登場したとしても物語が成立しそうな勢いですw きっとBLが流行るに違いない


<総評>

ユースティアっぽい感じということで期待していた作品ですが、プレイしてみてやはりとても面白かったです。アンケにも書きましたが、誰かに勧めるとしたら、物語をはじめ全てにおいて見ごたえのある作品、と言いますね
まぁかなり個人的な話ですが、大人になり仕事をし始めて満足に時間が取れない中これだけはやると決めたAVGにオーガストが残ったのは、私にとても合ったものばかりだからなんですよね
さて、今作の感想ですが、100点中98点ですね。いつもどおり激甘な私の評価ですが、不満があるとすれば、各ルートをはじめ、短かったのが……ユースティアと同じならと覚悟はしていましたが、仕方ないですね。サブキャラの余談が個別ルートっぽくなっていたのでFDもこりゃ無いなと思いましたしね。ユースティアはVITA出てますが、今作もたぶんそれでいくでしょう(PS4くらいは入りそうですが)。前回どおりの流れだと、次は羊飼いみたいなタイプのものになるのでしょうか。おそらく今作はユースティアの反響を受けての制作もあったでしょうし、今後どうなるのでしょうね

ただやはり、物足りないと感じてしまうのは、それだけ内容がどれも素晴らしいからですね。本当に素敵なものだから、どれだけプレイしても、もっと欲しくなる。オーガスト作品のドラマCDなんかは暇さえあれば聴いてますからね。よく、もうちょっと欲しいくらいが丁度良い、なんて言いますがオーガストの作品ならどれだけ出てきたって飽きないと思います。えへへ
あとはまぁ、私の感覚も肥えたというか……見ごたえのある作品ばかりプレイしているので、この辺りは私個人の問題ですね。しかし合計でも35時間以内ということは一日中プレイして次の日もずっとやれば2連休で2周目できちゃいますね……ふむ

なんだかあんまり総評になってませんが、今回もとても楽しめました。学園もの系もいいですが、この手の壮大な物語も大好きです。次回はこの手のでなくとも、その次くらいにまた作ってほしいですね! 突然終わりなんてことにならないといいですが……

ええはい、なんだか駆け足なのはですね、はよ子柚ちゃんとのイチャラブ書きたいからなんですよ!
ではでは、今回もとても良い時間を過ごさせていただいたということで。オーガストの方々に感謝しつつ、総評を締めくくりたいと思います。何かあればここに追記していくと思うので

ではでは

|

« 千の刃濤、桃花染の皇姫 プレイレビュー その6(余談+ロゴクリック) | トップページ | SMAPの皆様 »

ゲーム関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千の刃濤、桃花染の皇姫 プレイレビュー その6(余談+ロゴクリック) | トップページ | SMAPの皆様 »